top of page
  • 執筆者の写真KIYO

フラもレイも一期一会

Aloha!

「日々是フラ」にご訪問ありがとうございます。


今週はレッスンお休みなので、家で読書したり

フラを踊ったりとのんびり過ごしています。

季節の変わり目はできる限りのんびりゆっくり→ただの怠け者かな・・。

こんな気温変化は体もきっと驚いているはずだから。


私は別にナチュラリストじゃないし、恐らくあまり体によくなさそうな

韓国の辛ラーメンも大好きでコーヒーも氷がたっぷりのアイスを

一年中飲んだりしています。

でも、レイを習い始めてからなんていうかフラに関して

だけは自然なものがいいなぁと思い始めていて。

光沢のある素敵なドレスや美しい造花のレイも以前は

すごくあこがれていましたし、実際レイなんてほぼ造花

しかなくて、なんの違和感もなく付けてました。

でも、今は造花のレイを見てもトキメキがない・・・。

舞台で着る予定だったドレスを見ても・・・あんまり。

うーん、心境の変化って不思議ですね。


「愛しのレイ」という本にこんなことが書いてありました。

フラの動きや音、テンポが伝えられていくように

レイも材料となる植物の大きさや形、手触りや手法は

伝えられてきたものなんだそうです。

そして、それらは全てはかない芸術で、フラは踊るそばから

その動きも音も消え、レイもフレッシュであるがゆえに

その美しさはとてもはかないのだと。

もし、レイを作って踊ったとしてもきっとその美しさは

その時だけ。きっとフラもそうで、同じフラは二度とないと思うんです。

フラもレイも一期一会。その瞬間のために心をこめて

丹念に準備をいていくことが大事なのかな。

←こういうところも茶道と同じなんですよね。

材料がなかなか揃わない日本では難しいことかもしれませんし、

ハワイと同じようにしなくてもいいかなって思います。

ただ、そのはかなくも美しい瞬間のために・・ベーシックだったり

植物を育てることだったりを今はしているのが心地よかったり

します。

実際、今は人前で踊ることもなくて以前のような衣装を

そろえたりという機会もまだまだないんだけど・・・。

もし、将来そういうことがあったときにユーフォリアは

ちょっとそんな感じにしたいなって今は思っています。


ラフィアで編んだレイポー(頭に着けるレイ)

1か月近く掛かりましたがその時間もまた愛しいです。







閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page