top of page
  • 執筆者の写真KIYO

Mahalo Euphoria Ohana

Aloha!

「日々是フラ」にご訪問ありがとうございます!


7月に1周年を無事迎えることができたユーフォリアです。

本当は5月に開校したかったのですが、状況が思わしくなく

延期が続いた体験レッスン。

借りていたスタジオで一人踊っていたあの頃。

チラシを配って歩いてみたり、ホームぺージを

作ってみたり、何か一つ毎日お教室のことをしようと

初めてフラ動画をインスタに載せた時は手が震えました。

不安も一杯だったけれど、ワクワクも一杯でした。


フラの教室を開くこと・・おそらくコロナにならなければ

やっていなかったと思います。

前のハラウを辞めて時はクムの元でダンサーとして限界まで試して

みたいと思っていた自分でした。

張りつめていました・・何もかも。

それがプツンと糸が切れて、残されたのは孤独な自分でした。

フラってなんだろう、自分は本当は何をしたかったんだろうか。

自問自答した日々。

フラを踊っていて、何が幸せだったの???

以前のハラウのホイケで生徒さんを舞台袖から見ていたとき

生徒さんが光輝く姿を見た時、そして、生徒さんから自分が

お伝えしたフラが見えた時・・とても幸せだったことを

思い出しました。

クムの元で自分自身も学び続けたい、そしてその素晴らしいフラをシェアして

輝いている人達を見たい・・そんな二つの夢が一緒に叶えられたら・・

コロナは私にそんな夢を見せてくれ、私の生きる道を示して

くれました。だから、コロナの2年間を私はとても感謝しています。

そこからは無我夢中でユーフォリアの舟をこぎ始めました。


一人で踊っていた自分、今は一人ではありません。

本当に有難いことにユーフォリアという小さな舟と私の小さな夢に

ご自分の夢もご一緒にのせてフラの旅へご一緒くださるメンバー様がいます。

そして、いつでも謙虚に誠実にと教えてくれる彼らがいます。

これからもユーフォリアらしく一歩づつ。

Imua Euphoria Ohana!



メリア・ピカケクラス

それぞれからサプライズでお祝いをいただきました。

本当にびっくりして・・・皆様が内緒で進めていてくれたみたいです。

こんな幸せなことがあって良いのでしょうか。

人生の「花様年華」の瞬間でした。本当に私は幸せものです。

皆さま、本当にありがとうございました!







閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示